MENU

    ゼニアのネクタイはできる人にこそ選ばれる!評判の良いその秘密とは?

    ゼニアのネクタイ
    • ゼニアのネクタイの評判は?どんなものがおすすめなのか知りたい!
    • どんなネクタイがいいネクタイ?その見分け方が知りたい!
    • メルカリなどでもたくさん売っているけど、購入するときに注意する点はある?

    エルメネジルドゼニア(Ermenegildo Zegna)のスーツを手に入れたならば、シャツやネクタイもゼニアで揃えたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    スーツは襟の間のシャツとネクタイの組み合わせ(Vゾーン)により、更に際立ちます。

    対面したとき、一番最初に目が行きやすい場所なだけに、日常的にスーツを着る方にとっては、どのようなコーディネートにしようととても悩むところかと思います。

    そこで今回はゼニアのネクタイについて、どのようなこだわりをもって作られているのか、ネクタイの品質の良さについて解説いたします。

    ゼニアのネクタイは高品質なシルクを100%使用し、高密度な織りで布地を作ることにより、上品な光沢と適度な重さが生まれます。
    それによりネクタイを垂らしてもねじれが生じず立体的なスタイルが保たれるのです。

    またネクタイ自体に適度なハリがあるため結びやすく、美しい結び目(ノット)が作りやすいと言われています。

    目次

    ゼニアのネクタイは超極細のシルク糸を使用した幾何学模様が特徴

    ゼニアのネクタイは現在100%ピュアシルクで作られているものがほとんどです。

    「ピュアシルク」とは高品質な原糸から天然の製法を用いて糸の加工がされており、通常のシルクよりも発色が良くなるという特長があります。

    その仕上がりは適度なハリやコシがあり、ネクタイが締めやすいのが特徴です。また美しい光沢が細やかな柄を引き立ててくれます。

    またゼニアのネクタイには2つのラインがあり、「100filiピュアシルク」と「Zegna XXX」では仕立て方が異なります。

    100fili(100フィリ)ピュアシルクのネクタイ

    ゼニア公式オンラインショップ

    100filiピュアシルクのネクタイ

    「100filiピュアシルク」は1cmに100本もの超極細シルク糸を使用した布地で仕立てられています。

    ネクタイの仕立て方は通常通り表地と裏地が異なりますが、糸の密度が濃い分、細やかで幾何学的な模様の美しさを際立たせています。

    Zegna XXXのネクタイ

    ゼニア公式オンラインショップ

    Zegna XXXのネクタイ

    「Zegna XXX」は表地と裏地で同じ布地を使っているという、仕立て方が従来と異なる珍しいネクタイです。

    ネクタイの表地と裏地の違い

    ゼニア公式オンラインショップ

    もともとゼニアは品質を重視するため贅沢に布地を使ってネクタイを作っていますが、このZegna XXXはほぼハンドメイドで作られ、さらに裏地にも表と同じ布地を使うという贅沢な仕様になっています。
    そのため風などで裏返ったとしても、表地と変わらないイメージを保つことができます。

    また、人にもよりますが、通常のネクタイよりも締めやすいという方もいらっしゃるとか。ぜひ一度試していただきたいネクタイです。

    一見、無地に見えるような色合いでも、よく見てみると同系色の糸により織り上げられており、その細やかな仕事が立体感のある美しいネクタイの表情を作り出しています。

    またゼニアのネクタイ幅は8センチと標準的な幅で作られており、一般的な仕立てのスーツに合わせやすいものとなっています。

    大抵の場合、ネクタイ幅は襟の幅とあわせて選ぶとよいとされていますので、ビジネスシーンで着用される方には便利な特徴ではないでしょうか。

    定番といえる柄などはないとのことですが、やはり紺やボルドーなどビジネスシーンで使いやすいものが良く売れるとのこと。季節によっても売れ筋は変わるそうです。

    また販売店により、入荷する商品の種類が異なり、商品それぞれの入荷量が少ないそうなので、お気に入りのものを見つけたらすぐに購入するのがおすすめです。

    ゼニアのネクタイは年齢問わず人気のある商品

    ゼニアのネクタイは年配の方や管理職などのある程度地位を確立している方が着用しているイメージがあるかもしれません。

    しかし、年齢を問わずベーシックな色や柄が多いため、20代などの若い方にも似合うものはたくさんあります。

    むしろ派手な柄が少なく、細やかな絵柄が織り込まれているものが多いため、年齢に関係なく使いやすいネクタイといえるのではないでしょうか。

    詳しくは別のページで紹介をしていますので、ぜひ併せてご覧ください。

    https://zegna-lab.com/tie-age/

    垂らせばわかる!品質のいいネクタイの見分け方

    それではゼニアをはじめ、品質のいいネクタイとは一体どのようなものを指すのでしょうか?詳しく考えてみましょう。

    天然素材であること

    ゼニアのネクタイ
    ゼニアのネクタイ

    高品質なネクタイは大抵の場合シルクやカシミヤ、ウールなど、天然素材でできているものです。ポリエステルなどの合成・化学繊維と異なり、適度な厚みと美しい光沢感を持ち合わせているのが特徴です。

    ネクタイの厚み比較
    ネクタイの厚み比較

    厚みを確認する際にはネクタイを横から見てみましょう。
    天然素材で作られている場合には上記の画像のように、ネクタイそのものに厚みが見られるはずです。
    合成・化学繊維で作られたものは薄くぺったりとした感じに見えます。

    ゼニアのネクタイは現在全商品が100%シルクで作られています。また上の方でも紹介した「100%filiピュアシルク」というゼニアのこだわりが詰まったシルクを使用した商品も販売しています。

    ネクタイの先や裏側の布の合わせが中央で揃っているかどうか

    よいネクタイは剣先(ネクタイの両端にあるとがっている場所)が中央にくるように作られています。

    また裏側にある布が重なり合うラインも中央にくるよう縫製されており、二つ折りにすると大きな剣先、小さな剣先、布の合わせが綺麗に中央で揃うのがわかるかと思います。

    剣先、ネクタイの合わせ目など全てが中央に揃ってい

    ゼニア公式オンラインショップ

    ゼニアのネクタイは上記の画像でもわかるように、それらが一直線に揃えられていてとても美しい仕上がりです。

    ネクタイを垂らしてねじれていないかどうか

    ネクタイのねじれ比較
    ネクタイのねじれ比較

    ゼニアのようなよい仕立てのネクタイは垂らしてみるとねじれもなく真っ直ぐに垂れ下がります。仕立てがよくない場合には、途中で波打つようにうねりが発生します。

    これは布地が伸びる方向を考慮して布地が断裁されているかどうかの違いにより発生するものです。

    布地は斜め45度の方向に伸びる性質があるため、ネクタイの品質を優先する場合には斜め方向に布地を断裁して作られます。

    品質を気にせず大量生産をする場合には、布地の方向など関係なく効率よく布地を使用して縫製されてしまいます。
    そのため、ネクタイにねじれが発生していまい、綺麗に結びにくく、ネクタイの緩みが発生していまう原因ともなるのです。

    手縫い加工が加えられているかどうか

    手縫いされているネクタイでは縫い目の付近に凹凸ができないように工夫して縫われているため、ふっくらとして立体的な仕上がりになり、ネクタイを締めた際に大変綺麗に見えるよう縫製されています。

    「かんぬき」と「たるみ糸」
    「かんぬき」と「たるみ糸」

    またネクタイの裏側、布と布が重なり合う中央下部分に「かんぬき」と呼ばれる縫い目があること、布をめくると玉結びをされた糸「たるみ糸」があることが手縫いの証明となります。

    「たるみ糸」とはネクタイを締めたり緩めたりする際に糸が引っ張られて布が引きつったりするようなことがないように、調整されるようわざとつけられているものです。

    ゼニアのネクタイは全商品に手縫いの加工がなされており、たるみ糸がつけられています。

    なお、誤ってこの糸を切ってしまうと縫い目が全て解けてしまい、ネクタイが使えなくなってしまうのでご注意ください。

    大評判!ゼニアのネクタイはプレゼントにもおすすめ

    ゼニアのネクタイは自分で購入するのはもちろん、プレゼントされても大変喜ばれているようです。
    Twitterから実際に購入したり、プレゼントされた方の声を見てみましょう。

    https://twitter.com/96_F_/status/1511673462846521345?s=20&t=7F-zEd2mcRjJOOye2cooew

    プレゼントでいただいた方の喜びツイートです。シルクの光沢感に細やかに織られた柄がスーツにとても映えていますね。

    こちらは仕事でスーツやネクタイともゼニアを着用されています。遠目からでも布地のしなやかさや光沢がわかりますね。

    ネクタイはこのようにベルトあたりの長さになるように締めると綺麗に見えます。

    紺色のスーツにオレンジ色のネクタイがとても映えたコーディネートですね。

    一見ネクタイ単体では派手に見えても、スーツとの組み合せで違和感なく着こなすことができます。

    ゼニアでお気に入りのネクタイを見つけて日々のスーツスタイルを楽しみましょう。

    信頼できるお店で購入しよう!フリマサイトでの購入は要注意

    ゼニアのネクタイは、ゼニアの直営店をはじめ様々な販売店、公式サイトやネットショップから購入することが可能です。

    またオークションやメルカリなどでのフリーマーケットでも多数出品されています。

    オークションやフリーマーケットで購入する場合は、本物のゼニアかどうかなどの保証がありませんので、これまで書いてきたような点を確認された方がいいと思います。

    また価格が安くても今の流行りからは外れているネクタイ幅や古いデザイン、リメイクしているものなど様々な状態で売られています。購入する際にはそういったことも考慮して購入しましょう。

    プレゼント用途ではやはり直営店や信頼できる販売店でギフト用にパッケージしてもらった方が見栄えもよく、ブランド感が一層増しますので、やはりお店で購入されるのがおすすめです。

    ゼニアのネクタイはプレゼントにも喜ばれる高品質な逸品

    ゼニアのネクタイについて詳しく解説をしてきました。

    ゼニアで作られるネクタイは超極細のシルク糸を使い、商品によっては1cmに100本という密度で織られることにより、上品な光沢と滑らかさ、適度な重さがあります。

    また高品質な天然素材を使用し、手縫いをされることにより、ネクタイが結びやすく、よれやねじれのない立体感のある美しいスタイルが保たれるのです。

    ゼニアのネクタイについておさらい
    • ゼニアのネクタイはピュアシルクで作られた高品質なネクタイ
    • 横から見て布に厚みがあり、光沢と適度な重さがあるものは天然素材が使われている
    • ネクタイの裏側に「かんぬき」や「たるみ糸」がついているものは手縫いで作られた証拠
    • ゼニアのネクタイはプレゼントにも好評
    • 安いからとフリマサイト等で購入するのは危険。信頼できる店での購入を

    ゼニアのネクタイは品質が良く、ビジネスシーンでも活躍する1本です。

    美しいスーツのVゾーンは真っ先に目がいく場所ですので、ぜひゼニアのネクタイで様々なコーディネートをお楽しみください。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる